AR書道(プレスリリース)

三次元空間でエア書道!
スマホを動かすことで空間に文字をかける、AR書道をリリースします。




QOOQ,inc.(株式会社クオーク)は、iPhoneを持った手を動かすと、その空間に文字を書くことのできるアプリ、AR書道(英語名3D Painting)を開発しました。本日11月11日にダウンロードできるようになりました。

[概要]
 
AR書道はスマホを持った腕を振り回すことで、センサーから得られた情報から軌跡を算出して、空間に文字を描きます。独自のインターフェイスとアルゴリズムで「美」や「愛」などといった、複雑な漢字も書くことができます。
 描かれた文字は位置情報と関連付けられ、その場所に記録することができ、他のユーザーに見せたり、通りすがりの人でも見ることができるようになります。文字や図形だけなので、Yesterscapeの様な緻密な公開・非公開設定などは用意していませんが、その分、シンプルで子供でも楽しめるものになっています

[新規性]
 スマホを動かすことで一筆書きを描くアプリもありましたが、ちゃんとした文字が書けるものはありませんでした。これは軌跡を計算するアルゴリズムが未熟であったことと、そのための入力手段が開発されなかったからです。これについて独自の入力法を考案、画面を下書きとして利用できるようにすることで、これを解決しました。

[AR書道の特徴・機能]
○一筆書き以上の文字を入力するための独自のインターフェイスを工夫しました。
○長い時間をかけてアルゴリズムを改善し、複雑な漢字もかけるようにしました。
○文字は三次元空間の軌跡をもつため、立体的な奥行きを持った漢字が描けます。
○AR書道は無料でダウンロードできます。(アプリ内課金はありますが、ほぼ全ての機能が無料で使えます)
○描いた文字はSNSでシェアしたりするほか、その空間に保存されるため、他の人も楽しめます。

[開発の意図と背景]
 
弊社は今後10年をかけて普及していくであろう、googleGlassなどのようなウェアラブルデバイスとそれによって変わっていく人々の意識に高い関心を持っています。
本アプリも、フリーミアムによるアプリ内課金なども用意していますが、開発費がペイするとは考えておりません。商品としてよりも、Yesterscapeに連なる問題意識の表現として提出したいと思って開発してきたものです。ウェアラブルデバイスの普及前では、未だ実感として捉えがたいAR空間ですが、本アプリでただ単に楽しんでいただければ、現実の空間に重ねて存在するAR空間を、ユーザーの皆様に実感していただけるのではないかと考えています。

[その他]
対応機種:iPhone4以降(iPhone5以上を推奨)
対応OS:iOS7以上

[本件に関する問い合わせ先]
QOOQ,inc.(株式会社クオーク)
担当:上田
住所:京都市上京区甲斐守町971F-5
TEL:090-9708-5638
e-mail:[email protected]
[リンク]
当社HP:http://qooq.co.jp
アプリHP:http://arshodo.com
漫画による説明書:http://arshodo.com/arshodo.pdf
iTunes: https://itunes.apple.com/app/id847220986
Appストアでqooqまたはar書道で検索してください。

描いた文字や図形は三次元の座標を持っているため、下から見上げたり、別の角度から見るとまったく違う形に見えることもあります。