キズナアイをTangoのMRで見てみる。Unity+TangoSDK+キズナアイ

初のGoogle TangoデバイスLenovo Phab2プロをUnityでいじってみました。

MRとARの境目は曖昧なのですが、これまでによく見かけたかざすと浮き出るタイプのARはマーカーを基準に画像を表示させるため、マーカーが視界の外に出るとモデルは非表示になってしまっていました。このデバイスでは三つのカメラを使って空間のモデルを構成し、そこにモデルを関連づけます。だから、ここではやっていませんが、机の陰に入るとモデルが見えなくなると言うことも可能なのです。

昨日公開されたばかりのキズナ・アイちゃんを配置してみたんですが、アニメーションがうまくつかなかったので、こちらの映像のはUnityAssetから。


発売されたばかりであんまりドキュメントとかはないんですが、これならほとんどコードを書かなくても実現できます。Google Tango SDK

一枚の写真で見るとこれまでのARと変わらないし、回り込めたりスカートを下から覗いたりできるというのもViveで実現できることです。ですが、実際にやってみると想像以上のものがありました。想像の世界が背景の現実の世界によってより強められ、実在感が強められるのです。ハードウエア自体は後数年でVR/AR/MRを兼ねたものになるはずですが、体験の方は少し違うようです。

吸血鬼や幽霊が鏡にうつらないのは物理的現実を超越した想像的世界の住人だからですが、逆に、VRの世界では、プレーヤーである僕たちの方が、半透明な曖昧な存在です。
VRの世界では、僕たちは自分を鏡で見ることはできないからです。

今日試してみたキズナアイちゃんやAoiちゃんは同じ空間にはあるけれど、鏡に映らない存在です。だからこそいっそう魅力的であり、パンツの存在を確かめたくなるのかもしれません。

(鏡と想像界とくればラカンですが、別の機会に書きたいと思います)

追記(27日)
これを書いた後、アルスエレクトロニカでデバイスの評価を読みました。酷評ですw

 

 

 


MR美少女は鏡にうつらない


鈴木さんと。撮影はすごくお世話になっているPAAKで。